3DCGスクールで作品制作する

ゲームやアニメを見ているとあれ、いまスゴイ動きが滑らかだったけどなに!? と思う瞬間はありませんか。
アイドルのアニメを見ているとダンスのシーンだけキャラクターが立体的になって、本当の人間みたいに動作しているときがありますよね。
それを実現しているのがどうやら3DCGという技術のようなんです。
アニメが大好きなくせに3DCGって……えーっとなんだろう? と思ったので調べてみます。
一言でいうと「奥行きを出すことのできるCG技術」らしいのです。
奥行きがあるといわれると確かにそんな気がします。
最近のゲームやアニメには必ずと言ってもいいほど使われている3DCGの技術。
この3DCGの技術を使える人材がいま色々な業界で引く手あまたなんだとか。
もしゲームもアニメも好き! パソコンも好き! という方がいるなら3DCGの技術を身に着けて業界に進出することをおすすめします。
でも3DCGって演算とか? ソフトがなんちゃらとか? 難しそうな気がしますよね。独学で学んでいたら一体どのくらいの時間がかかるのやら……。
でもご安心を! 3DCGのことを書いているうちに出てきました!
「3DCGを学べるスクールがある!」というコメントが(笑)
3DCGスクールに通うなかで一番の魅力が「実際にゲーム制作ができること」です。
3DCGスクールのカリキュラムのなかには生徒たちがゲーム制作を行う実習が組まれています。
それまでの授業で身に着けてきた3DCGの技術を生かしてゲーム制作を行っていきます。
プロのゲームクリエイターと同じ手順を踏んでゲームを制作していくので、実際の現場ではこのような流れなのか……ということを感じ将来自分がゲーム業界で働いているところをイメージしながら学べます。
どんなゲームにするのかという企画会議からスタートしてお試し版を作り、キャラクターに合う声優を選ぶためのオーディションも行います。
その後も何度も設計にミスが無いかをチームみんなで見直してゲームは完成します。
完成したゲームは3DCGスクールの先生や生徒みんなに見てもらい、批評を受けられます。
授業で制作したゲームは就職活動をする際に企業に持ち込むことができるのも魅力です。
3DCGスクールではこのような実習が2年間のカリキュラムのなかで4回行われるので、自作のゲームが4本も出来上がります。
3DCGスクールに通うとゲームが作りたいという思いを抱えた、たくさんの仲間に出会えます。
3DCGスクールでゲームに情熱を燃やす仲間と出会いましょう!

3DCGスクールについて知ろう